トップメニューへ戻る 販売店一覧のページを開く 販売店一覧のページを開く ショッピングカートの中を見る




backnumber

作っていて気に入らなくなる(細部の荒が気になってしょうがない性質でして・・)と
リメイクしたりお蔵入りしたりするEgoism Of MAUHEです。
ここはその墓場です。
甘さや荒い部分への罪悪感に耐えきれなくなったとき
ここに埋められて逝くのです。
(一点物は例外)

タイトル/製作年 です。

2002〜2004

2002・・・某宝飾系専門学校へ入学した年、この頃のスケッチブックはクロムっぽいのが多い

名称未定

2003・・・WAXに慣れてくる。文化祭でVisiousBunnyで某ファッション誌賞をいただく。

Believe(1)
→(2)

2004・・・デカくてごつくて複雑なアクセを作り始める。 イベント的授業GoldenEggs(だったかな)にてEgoism Of MAUHEを設立。この頃のものは量産とかコストが一切考えられていない。

fry(1)
→(2)
fly(2)
→(3)
Believe(2)
→I'm Not Down
Cage
Pain Apices Spider Fire & Water

2005

三月、某宝飾系専門学校卒業。とにかく作品数が多い。勢いで作っていたため今みると荒が目立つ物が多いが気に入っているデザインの多い年。

Blind
→Into The Dark
fry(3)
→NeverFly
noname 01 Candy
→Big Candy(1)
G
→Sacrifice To Egoists
Remains
→Remains2
Chicken Reignition
→Inferno
Bind
→Gyve
Owl
→Fuck Low!

2006

特注物を受けつけたおかげで地味に忙しく作品数は少ない。オリジナリティに迷走する。個性的すぎるデザインが多く暗黒期ともいえる。

シルバーアクセサリー ゴツいシルバーリング
I'm Not Down Stand By Me Un-Crazy
→Cursed Life
ABYSS

2007

複雑な立体すぎるデザインが多く業者を困らせる。いいデザイン(だと思う)が多いので優先してリメイクしている。

Big Candy(1)
→(2)
Big Candy(2)
→(3)
noname 07
→nameless 02
シルバーアクセサリー ゴツいスカルリング
noname 03 業(KARUMA)

2008

拡張しすぎた個性を抑え始める。量産を意識したおとなし目のデザイン。

Big Candy(3)
→So Big Candy
GloriousTree
→Tree Of Heaven
nameless 01
→nameless 06
Justice
→Justice
【The Master's Hand】

2009

原点回帰&ブランドとしてのレベルアップのため新作を作りまくった年。
旧作のリメイクも多い。細部までこだわったものが多い。

シルバーアクセサリー スカルリング
nameless 02
→nameless 07
ウサギスカルリング ザ・ファット
→ピンキーノ=ワカイブタ
ウサギスカルリング
→ネェシッテル=コレペンダ・ン・トニモナルンダッテ
Dust Box
シルバーアクセ ネックレス ペンダント シルバーアクセ ネックレス ペンダント シルバーアクセ バングル ブレスレット シルバーアクセ ネックレス ペンダント
nameless04 Obstruction Tree Of Heaven Remains 2
→lostman

2010

シルバー ループタイ ネックレス ペンダント シルバー ループタイ ネックレス ペンダント
オウサマウサギリング
→ハナハダイ=カン・デ・アール
nameless 06 nameless 07
→Zephyros

2011 

2012 

シルバーアクセ ネックレス ペンダント
nameless 014

2013 

2014 

一点もの

翼折レシ者ニ蛇ハ囁ク SBC VAMPIRE CUSTOM【Candy & Ignor】
2013/10 (一点もの)
 
 
 
 
 
 
運営方針や納期等の確認事項をまとめたページを開く トップメニューへ戻る