トップメニューへ戻る 販売店一覧のページを開く 販売店一覧のページを開く ショッピングカートの中を見る



石の豆知識

ここではEgoism Of MAUHE のアイテムに使用されている宝石について説明させていただいております。
バックナンバー入りしているものもあります。

Carnelian(カーネリアン)

・紅玉髄とも言われます。
・カルセドニーという分類に属します。
・昔は血の流れを鎮め熱を冷ますと信じられていました。
・半透明の石で赤褐色〜燈色をしていますが光に透かすと燃えるような赤になります。

Star Diopside(スターダイオプサイト)

・ダイオプサイト(透輝石)の一種でクロス状の反射光が見える石です。
・ダイオプサイト自体は緑透色の石ですが、この石は黒に近い色をしています。
・石のカットにばらつきがありあまりアクセサリーには使われていません。

Quartz with Inclusions(サゲニティッククオーツ)

・水晶にインクルージョン(不純物)が入ったものの総称です。
・サゲニティッククオーツは黒いモヤ状のものインクルージョンが入ったものです。
・個々の見た目にバラつきが激しいです。

Mirror(ミラー)

・鏡です。
・姿が映ります.
・石ではありません。

Amber(琥珀)

・虫飴とも言います。
・木の樹脂が化石したものです。
・ほとんどが黄金色の透明色ですが赤っぽいものもあります(チェリーアンバー)
・ひび割れや気泡が魅力で一つ一つ異なります。
・虫入りはほとんどが人工です。
・摩擦により帯電してホコリを集める性質があります。
・乾燥により表面にひびが入りやすく。また衝撃に非常に弱いです。

Tiger's Eye (虎目石)

・黒字に金色の縞模様が入った石です。
・独特の光沢は「シャトヤンシー効果(キャッツアイ)」と言います。
・金運を招くと云われています。
・黒字に青縞のホークスアイ(青虎目石)という石もあります。

Onyx(オニキス)

・アゲートの一種
・通常オニキスは白・透明茶褐色・黒などの縞模様の石である。
・砂糖水に浸した後、硫酸による加熱で炭化させて着色するとのこと。
・加工の歴史は古代エジプトに遡る。
・メジャーな石ですがその詳細はよくわかりません。着色なのか黒い部分だけ削り出して使っているのか・・?

Sodalite(ソーダライト)

・青に白が混じった美しい石。
・主成分はナトリウム。ソーダライト自体がラピスラズリの主成分でもある。
・白い部分は方解石という違った鉱物。

石の割れ防止のために・・

石はある程度の水分を含んでおり、完全に乾くと自然と割れます。
アクセ屋さんのショーケースの中に水の入ったグラスが置いてあるのをみたことはありませんか?
アレは照明の熱で石が乾燥して割れてしったり変色してしまうのを防ぐために置いてあります。
普通に保存する分には滅多に割れることはありませんのでご安心ください。
ただし夏の暑い時期に窓辺に置いておいたりすると割れたり変色したりします。
接着留めがしてあれば接着剤が溶けて石が外れてしまったりもします。

一番いい方法は桐の箱に入れて押し入れなど直射日光の当たらない場所に保存することです。
桐の箱は自ら湿度調節してくれるので保存には完璧なのです。

運営方針や納期等の確認事項をまとめたページを開く トップメニューへ戻る