トップメニューへ戻る 販売店一覧のページを開く 販売店一覧のページを開く ショッピングカートの中を見る



シルバーの豆知識

・silver925

シルバー925とは銀92.5%、銅7.5%の合金です。
純銀は柔らか過ぎるうえ脆く、磨いてもキレイにならないため通常合金化して使われます。
シルバー925としての特徴は以下のものがあげられます。

  • スターリングシルバーとも言われ他の割合のシルバーに比べ最も輝きが強い。
  • 反射率はプラチナを上回る。
  • 他の貴金属に比べ単価も安く流動性もいいためキャスト(鋳造)による量産に向いている。
  • 酸化はしないが硫化する
  • 展延性に富む。
  • しかし、熱により銅分は表面へ移動するため磨きの過程で純度が上がってしまう場合がある。

ちなみにsilver950は銀95%銅5%の合金です。
柔らかいため主に板材として使われ、いわゆる箱モノや地金ものに向いています。
しかし、輝き、耐久性は925に劣ります。
また流動性も悪いためキャストには向いていません。

ただし、磨いても輝かない半面、火ムラがでにくいのでテクスチャが細かく
100%磨けないアイテムや量産には向いている地金かもしれません。

・酸化・・× 硫化・・○

シルバー製品は黒くなります。
これを硫化といいます。
硫黄分に反応して起きる現象のため、酸素と結び付く酸化(錆びる)とは違います。
硫化はしすぎると銀の表面がボロボロになりはがれ落ちてきます。 温泉等には多くの硫黄分が含まれていますので着用したままの入浴は避けてください。

この硫化を人口的に行うのが燻しと呼ばれる技法です。
なお、軽い硫化であれば市販の銀磨き布で除去できます。
(正確には布についた研磨剤で削り落しています。)

キャスト

キャスト=鋳造です。
溶けた金属を鋳型に流し込むことにより成形する技法です。
ロストワックス技法には必ず必要な行程です。

効率的な技法ですがス(気泡)が入り込む、ちぢむ、歪むといった難点もあります。
Egoism Of MAUHE ではこの工程を専門業者(株式会社プラント)にお願いしています。

・ス

鋳物や豆腐などの内部に入り込んだ気泡です。
漢字は「髪」を友と松を入れ替えた形をしています。
旧字のようで通常変換できないようです。

細かいスはゴマスと呼ばれ磨いてもキレイにならない上に潰せない、埋めれない
と、なかなか厄介なしろものです。
またゴマスが原因で亀裂が入ったりすることもあります。

ロストワックス技法

蝋(ロウ:ワックス→右図参照)で原型を作り
石膏で固め
熱して中の蝋を溶かし出し
出来た空洞に溶けた金属を流し込む。
こんな技法です。

ロウ付け

ロウと言ってもロストワックスの項で述べた蝋とは違います。
ここでは接合する際に使用するベースとなる地金に近い金属(銀の場合は銀ロウ)を指します。

銀ロウは銀に比べ少し融点が低いので熱することにより
地金同士の隙間に流れ込むようにして地金同士を融着(部分的な合金化)します。
サイズ直しなどには欠かせない技法です。

ただし、ベースとなる金属とは異なりますので
磨けば磨くほど「ロウ目」と呼ばれる色ムラや、耐摩耗性の違いからくる「減り」が出てきます。
またピカピカの時は反射して見えなかったものが
硫化が進むにつれて反応速度の違いからくっきりとスジになってみえてきたりもします。

・お手入れ方法

一番簡単な方法はアクセ屋さんなどで売っている銀磨き布(研磨剤が塗布されたフェルト)で磨き
乾いた綿100%の布(いらないTシャツ等)で磨いてあげることです。
曇り程度ならこれで取れます。

細かい傷は文房具屋さんのクリップ(表面がツルツルのもの)でこすれば消えます。
ただし、傷が深いとボコボコになってしまいますのでご注意ください。

歯ブラシに重曹(ベーキングパウダー)や歯磨き粉をつけて磨いても大丈夫です。
やはりやり過ぎると燻し面がはがれたりしますが・・・。

保存方法は
 ・日当りのいい場所に置かない。(硫化防止)
 ・着けたまま入浴しない。(硫化防止)
  (接着剤を使っているものははがれやすくなりますし、革も痛みます)
 ・電車で吊革をつかまない(地味に傷だらけになります。)

燻し仕上げ

銀地金の表面をわざと硫化させて磨き
凸は光らせ凹は黒く残して白黒のコントラストをつけて
重厚感を出す技法です。

Egoism Of MAUHE では
「六一〇ハップ(ムトウハップ)と呼ばれる硫黄泉系の入浴剤(硫化水素自殺に使われるアレです)を使って燻しています。
仕上がり時は若干灰色がかっていますが人の脂に馴染むにつれ黒味が増してきます。

インスタントに黒さを出すには湿度を持たせることです。
ミシンオイルを塗ってあげるとてっとり早く黒くなります。

※2013より燻しをより黒くするため仕上げのフィニッシュとしてオイル(CRC556)を塗布しています。
私はこれで肌荒れなどしたことはありませんが、皮膚の弱さに自信のある方はご注文時に備考欄に「油抜き」とでもご記入ください。

鏡面仕上げ

 

Egoism Of MAUHEの鏡面仕上げはサンドブラストにて下地を荒らした後、丹精込めてガッツリ磨き上げます。

影になる部分は灰黒く(使っているうちに皮脂等で真っ黒になります。)
燻しを残した仕上げです。
輝きにおいてはシルバー925の潜在能力を最大まで引きだした最高の磨き方ですが
仕上げの過程で角が丸まったり、ス(内包された気泡)がでてきたり等の難もあります。
デザインが細かいものは完全な鏡面仕上げにはできません。

 

左の写真(Emeth)・・・

仕上がったばかりの鏡面です。
撮影者&カメラの型番まで反射して写りこんでいます。
しかし、この状態をキープすることは不可能です。
(梱包材や指紋でつくほんのわずかな傷で曇ります)

中央の写真(Into the Dark)・・・

銀磨き布(ポリッシュ等)で軽く磨きなおした鏡面です。
微小な傷があるのがわかります。
通常はこの状態です。

右写真(Gyve)・・・

デザインの細かいアイテムでは表面が黄色〜赤茶がかって見えます。
これは鋳造による銀表面の銅分が濃い部分が残ってしまっているためです。
これを落とそうとするとテクスチャーが崩れてしまうのでこの程度が限界です。

シンプルなラインのものや面の広いアイテムに向いています。

※コントラストを強めるため表面にオイルを塗布しています。

・アンティーク仕上げ

Egoism Of MAUHEオリジナルの仕上げで
サンドブラストにて荒らしたあと燻し軽く磨いた仕上げです。
この「軽く」が難しく、ほどよい具合の肌を作る工程の研究に一年以上を費やしました。
シルバーアクセ上級者ほど違いと良さが分かるはずです。

光ってはいますが鏡面仕上げほどの輝きはありません。
影になる部分は灰黒く燻しが残り、光る部分にも微妙なザラザラ感と燻しが残り全体的に黒っぽく一か月程度使用したシルバーアクセサリーと近い状態の仕上がりです。

アイテム紹介のページでは緑がかっていたり黄色がかっていたりばらつきがありますが
この写真が一番現物に近い色合いです。
(反射物の切り抜き用の写真撮影って難しいですね・・・)

使っているうちに凸部は研磨され光り、凹部は黒味が増しコントラストが強くなり
云わば「いい感じの風合い」になります。

仕上げで造形が崩れることはほとんどないため本来の造形が楽しめます。
又、元々荒れているので細かい傷が気にならないのも特徴です。

全てのアイテムにて本来の良さを発揮できる作者オススメの仕上げです。

※コントラストを強めるため表面にオイルを塗布しています。


2015/10よりアンティーク仕上げのリングの内側は
鏡面仕上げからマットブラックオイル仕上げに変更になりました。

 
 before      →      after 

これはリング内面を鏡面にする際にスが浮き出てくるため完全鏡面を目指すにあたって
その際に発生する真円が保てなかったりサイズが広がってしまうといった防ぎようのないデメリットを防ぎつつ、
それら精度を上げつつ内側は黒いという個性を持たせるための新しい仕様です。

※ショップにて内側が鏡面のままの物もありますが仕様変更前に納品された品物ですのでご安心下さい。

・MBO(マットブラック&オイル仕上げ)

サンドブラストにて荒らした後、
重層にて凸部分のみを軽く燻しを落としコントラストをつけ、より黒さを強調するためにオイルを塗布した仕上げです。
黒梨地との違いはオイルと極限まで軽い研磨です。

微妙な光沢がありピューターのような仕上がりになります。

仕上げにおいて造形が崩れることがほぼないので
原型に近い造形美をお楽しみいただけます。

マットブラックでスタイリッシュな仕上げです。

半年程度使用するとこうなります↓

数か月仕様すると衣服等で自然研磨され
凸部分は自然に光り、影になる部分はより黒くなります。
より重厚感が増す成長をする仕上げです。

※自然研磨される際に汚れる恐れがありますので白っぽい衣服との着用は避けてください。

・結局どの仕上げがオススメ?

それぞれに良さがありますのでお好みでどうぞ。
一応作者的にオススメなのはアンティークかMBOですが
アイテムごとではショッピングカートの仕上げ欄にて◎がついているものがオススメです。

理由としましては
・シルバーアクセは経年変化で造形がダレて崩れていきます。
・アンティークとMBOは半年も使えば同じような仕上がりになります。
・鏡面は輝きを出すためにガッツリ磨いている=造形があるていど崩れてしまっている状態です。
つまり造形が崩れていない状態スタートのほうが長く楽しめるという理由です。

ということで
輝き重視・・・鏡面
造形重視・・・アンティーク or MBO
です。

・青い結晶・・・!?

銀は鋳物ですので中にが入ります。

これが表面に近い場所にある場合中に研磨剤や洗剤や薬品が残ってしまう時があります。
それが染み出てきて表面で結晶化してしまう場合があります。

もちろん細心の注意を払ってはいますが、時間がたってから出てくるものですので見落としてしまう場合もあります。
もし出てきた際はぬるま湯で洗い流せばすぐに落ちますのでご容赦下さい。

 
 

運営方針や納期等の確認事項をまとめたページを開く トップメニューへ戻る